加湿器はいつまで必要?一般的な時期とその理由をまとめてみました。

今すぐ知っておきたいトレンド雑学!
この記事は約2分で読めます。

昔はそこまで流行っていなかったような気がしますが、ココ数年で加湿器の需要が増えましたよね!

我が家でも2年前から加湿器を導入したのですが、やはり朝が楽になりました♪手入れもそう面倒ではないですし、今では手放せません^^

朝に喉がイガイガする悩みからも開放され、シャキっと起きることができるようになりました^^

今回はそんな、加湿器はいつまで出しておくのか問題について調べてみましたので、参考にして下さい^^

 

加湿器はいつ頃から使い始める?その理由は?


加湿器を使う時期と聞くと、気温が低下し、寒くなって空気も乾燥する冬を思い浮かべると思いますが、実際は秋ごろの10月から11月あたりから使用されることが多いようです。

その理由ですが、10月頃からは、朝晩の冷え込みが強くなってくる時期であり、就寝時には暖房を利用することもあるからです。

暖房と同時に押入れから引っ張り出し使われる方も多いのではないでしょうか?

 

加湿器が寒い時期から活躍する理由は?

では、なぜ加湿器は寒くなる時期に使い始めるのかというと、空気が乾燥した状態で過ごすと喉や鼻が乾きやすくなります。


暖房を使っている状態だと、喉と鼻の防御機能が低下し、空気中に含まれるウイルスへの抵抗力が弱まり、その結果、風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまうのが理由です。

加湿器はいつまで使うのが一般的なのか?

いつまで加湿器を使う時期かというと、一般的には3月ごろから暖かくなってくるので、その時期まで使うことが多いです。


ただ、4月でも朝晩の冷え込みがあったり、日によっては気温が低い日もまだあるかもしれません。


その時は、暖房を使用することもあるとおもいますので、4月ごろまでは加湿器が必要になる可能性もあります

目安として、ゴールデンウィーク前に片付けるというイメージで良いのかも知れませんね。

 

加湿器はいつまで使う?まとめ

今回は加湿器はいつまで使うのか?についてでした。

要点をまとめますと、一般的には暖房を使い始める10月頃から4月位までです。

とはいえ、歌を歌う人や話をする仕事の人は年中加湿器を使っているといいますので、あくまでも参考にして下さいね^^

タイトルとURLをコピーしました