ウーバーイーツでチップを払えないのはなぜ?払わないのは非常識?金額の相場や割合は?

フードデリバリー豆知識
この記事は約4分で読めます。

ウーバーイーツのチップ制度って難しいですよね?

本場アメリカならチップ文化が浸透していますが、日本にはそもそもチップ制度が浸透していないため、戸惑ってしまう方も多いようです。

私もチップに慣れていないので、免疫がなく、金額の相場はわからないし、どの位の割合でみんなが払っているのかもわかりませんでした

ただみんながどうしているのかは気になるし、払わないケチな人とされるのも嫌だし、そもそも必要な理由もわかりませんし(笑)

というわけで今回は、ウーバーイーツのチップについて、相場や渡す人の割合、そもそもチップは必要なのか?払いたくない場合など、なかなか人には聞けない気になるネタをまとめました。

ウーバーイーツのチップの相場や支払う人の割合は?

ウーバーイーツのチップ相場ですが、基本的には料理料金の10%から15%位が平均的な金額のようです。
※ 払えるチップの金額に関しては、1円から可能で上限は注文金額の2倍まで。

現役ウーバーイーツの配達員の話を聞いてみると、数十円から100円でも貰えれば良い方で、300円を超えるチップは珍しいんだとか。

尚、チップを支払う人の割合ですが、地域や天候、配達員さんの対応などの様々な要因こそありますが、ざっくり約10%前後と言われています。10人に1人位の割合でチップを渡しているようです。1000円なら100円。3500円なら350円ですね。

うーん。10%の人がチップを払い、およそ90%の人がチップを払っていないとなると、チップを渡す人の方が圧倒的に少数派ですので、データを見ると払わない方が普通なのかなと思ってしまいますね。


→ マックデリバリーVSウーバーイーツ!違いやどっちが安いのか問題!

そもそもウーバーイーツでチップは必要なの?

ウーバーイーツのチップは、任意なので必ずしも払う必要はありません。注文者が料理の料金とは別に、配達パートナーに心付けとして支払う、あくまでもボーナスです。

もちろん「ケチだと思われないかな?」という心配もあると思います。

それが気になるようでしたら、数円でも構いませんし、39円(サンキュー)、100円をチップとして渡すと喜ばれますので、試してみるのも良いかも知れません。

配達員さんの話によると「チップ自体を貰えることでモチベーションが上がる!」という方も少なくありませんので、金額は多くなくても、貰えることに意味があるのかも?



ウーバーイーツのチップを払いたくない場合は?払わないとデメリットがある?

ウーバーイーツのチップを払いたくない場合は、払わなくても大丈夫です。デメリットも特にありませんので、その時の気分で決めて良いと思います。(あくまでもチップは任意)

ウーバーイーツのチップは誰から払ったのかわかる?わからない?

ウーバーイーツのチップですが、誰から払ったということがある程度わかります

もちろん住所や名前などの詳細までははわかりませんが「あの食べ物を頼んだ、こんな人だ!」という所までは、配達後の収入明細画面でわかるようです。

もちろん払わなかったからと言って、恨むような配達員はいないでしょうが、チップを渡した時に誰から貰ったか、さっぱりわからないということはなさそうです。

ウーバーイーツのチップは直接渡すこともできる?

現金払いの場合などは「おつかれっ!お釣りは取っといて☆」というノリで、直接渡す人もいるようです。

ただチップというのは本質的には感謝の気持ちですので、お金に限らず暑い日にちょっとした飲み物を渡すだけでも良いですし、何か感謝が伝われば喜んで頂けるので、その辺りは柔軟に対応してもいいと思いますね。

ウーバーイーツのチップ問題まとめ

今回はウーバーイーツのチップについてでした。

・ウーバーイーツのチップ相場、渡す人の割合は10%程度
・ウーバーイーツのチップは必ずしも必要ではないし、払いたくなければ払わなくて良い
・ウーバーイーツのチップは誰から払ったのか大体わかる
・ウーバーイーツのチップを直接払うこともできる

と、要点をまとめるとこんな感じでした。

今後もウーバーイーツの需要は高まっていくでしょうから、ナウい現代人としておさえておきたいですね^^

カレー



ナウいと言えば、最近はマックデリバリーとウーバーが比較されることも増えましたので、こちらも合わせてどうぞ!

→ マックデリバリーVSウーバーイーツ!違いやどっちが安いのか問題!

タイトルとURLをコピーしました