すでに完結しているおすすめの漫画(全10巻以内版)!短い巻数で楽しめる5作品!

今すぐ知っておきたいトレンド雑学!
この記事は約21分で読めます。

今回は、すでに完結しているおすすめの漫画(全10巻以内版)!短い巻数で楽しめる5作品についてです。

数十巻を超える長編漫画も面白いですが、少ない巻数でサクッと読み切れる作品も魅力的ですよね!



今回は当サイトが独自にマンガ好きの方に取材をし、オススメの作品とポイントをまとめました。

名作揃いですので、ぜひ参考にして下さいね!


ファラオの墓

タイトル:ファラオの墓
作者:竹宮恵子

かなり古い作品になりますが、ファラオの墓はおすすめです。

幼い頃に読んだので、エジプトだとかファラオだとか、まだまだ知識のない頃に読みました。

古代エジプトの戦記物で、隣国に滅亡させられた国の王子サリオキスのリベンジと、サクセスと姫君たちとの頬度良いロマンスをたった4巻でスペクタクル満載で読んで壮快な作品でした。

キャラの顔ぶれや配役も映画では、おなじみの役どころでしっかりしていましたね。

物語としては、のちに味方になる部族の、実力派の弁慶ばりの男が部下となって忠誠を誓ったり、仇の王子スネフェルと恋に落ちる妹ナイルキア姫。

仇王子の婚約者アンケスエン姫とサリオキス王子の悲恋などがとにかく切ない

スネフェルの母親の切ない過去や、人間模様を盛りだくさんの上に、リベンジ部隊「砂漠の鷹」が強大になっていく様子、それが竹宮先生の耽美な絵柄でたった4巻で堪能できる最高傑作です。

短くも充実した内容ですので、定期的に読み返しています。

きょうは会社休みます

タイトル:きょうは会社休みます
作者:藤村真理

毎朝一番に出社する、地味で真面目な社員の青石花笑でしたが、33歳の誕生日に12歳下でアルバイトの田之倉と泊まることに。

親友からは交際を止められたが、勇気を出して一歩踏み出す決意をし、見た目のイメージチェンジを図るところからスタートします。

自分では気づいていないけど、眼鏡を外すと大胆な性格になります。



同じビルのイケメン社長、朝尾侑にも気に入られ、今まで持てたことのない主人公は迷ったり、自信がなかったり、時には失敗したり、ミスをさせられたり、イケメンの社長からマジで告白されたり、年下なのにしっかり者の彼氏から真剣に愛されたり、と。

読んでてパワーをもらえます。そんな体験を一度はリアルにしてみたいとキュンキュンします。

きらきら☆迷宮

タイトル:きらきら☆迷宮
作者:おおばやしみゆき

幼い頃のいじめが原因で男嫌いになった美術系の女子校に通うありすの元に、きらという美少女が転校してきます。

ところがきらの正体は女装した男でした。

何故そこまでして女子校にやってきたのか?それはこの女子校で謎の○○を遂げた、姉の学校での真相を突き止めようと、女装して転校という形で潜入したのです。

女子校で発生する事件に、きらの持ち前の推理力で解決することで、一躍学校の人気者になります。

そんな中、クリスマスで発表するキリスト生誕の演劇をすることになり、投票の結果、きらがガブリエル役に当選することになります。

他のメインキャストであるメンバーは、かつてきらの姉と友人であり、きらは姉のことを根掘り葉掘り聞き出そうとしますが、それとなく無視されてしまいます。

ポイントは、掲載されたちゃおでは珍しいミステリー系の漫画であることですが、勿論恋愛もあり、ありすの男嫌いがきらを通して治っていくところも見所です。

機動戦士ガンダム アッガイ北米横断2250マイル

タイトル:機動戦士ガンダム アッガイ北米横断2250マイル
作者:曽野由大

ジオン兵の主人公兄弟が、北米のケープカナベラル基地から、キャリフォルニアベース本部まで、すなわち北米大陸を東海岸から西海岸までを、人型ロボット・アッガイに乗り横断する、ロードムービーのような映画ですが、内容は破天荒の一言です(笑)

基本的には1話につき兄弟とアッガイが、道中の町に寄ったり、友軍に会ったりした後、追手の連邦軍と戦い、また出発するという流れですが、問題は戦闘シーンです。

1話目からアッガイがいわゆる「オラオララッシュ」をし、読者を唖然とさせます(笑)



その後も、岩を投げて戦闘機を撃墜したり、ブレイクダンスで敵を倒したりと、アッガイの性能を完全に無視した自由過ぎる動きを繰り広げます。

機動戦士ガンダムというシリーズ自体は、比較的リアルな世界観や戦闘描写が主流ですが、この作品に関しては、それらと完全に逆のものが描かれており、ガンダム作品を知っていれば知っているほど面白さが伝わる作品です。

僕だけがいない街

タイトル:僕だけがいない街
作者:三部けい

アニメ化や映画化、ドラマ化までされた名作ですが、アニメからはいる方が多いかも知れません。

売れない漫画家が主人公で、リバイバルと呼ばれる特殊能力をもっていました。

リバイバルは自分の意思に関係なく過去に戻り、直後に起こる事件や事故の原因を取り除くまで、何度もタイムリープしてしまう能力です。

小学生時代に戻り、直後に起こる事件を阻止することから始まり、年上の友人の冤罪を証明したり、母親に恵まれなかった同級生を救ったり等。

次から次に起こる事件を未然に防ぐという内容です。

小学生に戻るため、周りの大人が話を聞いてくれないもどかしさや、連続殺人事件の犯人が意外に身近な人だったり。

兎にも角にも、是非読んでみて欲しいと思います。

アニメから始めてもいいかもしれませんね。

アニメで描かれなかった部分を、漫画で詳しく読むと「あー、なるほどな」と納得する部分が多々ありました。オススメです!

すでに完結しているおすすめのマンガ(全10巻以内)まとめ

今回は、すでに完結しているおすすめの漫画(全10巻以内版)!短い巻数で楽しめる5作品についてでした。

管理人も、僕だけがいない街は何度もアニメで観ましたが本当に面白い作品で1回目に観たときよりも、2回目に犯人をわかって観たときのほうが楽しめました!非常に面白いですよ♪

タイトルとURLをコピーしました