豆腐の賞味期限はどのくらいもつ?気になる保存方法や調理法も!?

今すぐ知っておきたいトレンド雑学!
この記事は約4分で読めます。

豆腐の賞味期限って短いので
つい使いきれずに棄ててしまうことがありますよね。

 

我が家も買い物はまとめていくので
放置された豆腐がたまーにあります^^;

今回はそんな豆腐について
賞味期限はどれくらい?デッドラインは?
食べられない豆腐の見分け方は?
おすすめの調理法や保存方法は?

これらについて調査しました!

 

豆腐の賞味期限はどのくらい?デッドラインは?

まず『賞味期限』と『消費期限』は違います

 

賞味期限とはメーカーが『美味しく食べられる期間』として
消費期限の場合は『安全に食べられる期間』として
定められています。

つまり賞味期限が過ぎたからと言って
すぐに食べられなくなるわけではありません^^

 

もちろんこれは
未開封はもちろん冷蔵庫できちんと保存していた場合ですので
スーパーなどで購入し、冷蔵庫に入れるまでに時間がかかったり
外に出しっぱなしにしていなければという事が前提です。

 

では本題の豆腐の賞味期限についてですが

水入り豆腐の場合は、どれだけ長くても10日前後です。

夏場や環境によって3日から5日前後の場合もありますので
あまり日持ちはしない食材です。

 

後にご説明しますが
賞味期限を切れた場合は
食べる前に最低限のチェックする事を推奨します。

 

もちろん豆類の痛んだものは怖いので
夏場はせいぜい2日か3日くらいが限界かも知れません?

個人的には
賞味期限5日程度と考え
食べる前にチェックしています^^;

充填式豆腐(ピタッと収まっている豆腐)の場合は
長いものなら約2ヶ月となっていますので
まとめて買っておきたい時は、こちらを買いましょう。

 

豆腐の賞味期限切れ。食べる・食べない?見分け方

賞味期限切れの豆腐を
食べるか?食べないか?の
チェックポイントは5つです。

1. 水が変色していないか?
2. 謎の粘りが出ていないか?
3. 酸味や腐臭、いつもと違う臭いになっていないか?
4. 変な味がする、すっぱい、ちょっと口に入れて確認
5. 豆腐が簡単に崩れる、ドロドロしていないか?

基本的には
豆腐を開けて、サラッと水で流し
変な臭いや酸っぱいニオイ
変な味がしたらやめています。

豆腐の賞味期限が過ぎていたらどんな調理がおすすめ?

賞味期限切れの豆腐ですので
念の為、使う時はしっかり火を通したほうが良いです。

 

冷奴でそのまま食べるのではなく
しっかり炒めるゴーヤチャンプルや
揚げ出し豆腐、麻婆豆腐や味噌汁
湯豆腐などもいいですね♪

 

電子レンジで殺菌して
そのあと炒り豆腐という手もあります!

 

悪さをする菌の大半は
65度以上で殺菌されますので
腐敗菌、食中毒菌など対策にどうぞ!

 

豆腐の保存方法は?

封を開けた豆腐は
出来るだけ早めに食べてしまいましょう!

開封した時点で消費期限は関係なくなり
雑菌の繁殖や品質劣化の進みが
全く変わってきます。

開封後おすすめなのが
10度以下の綺麗な冷水に漬け
冷蔵庫で保存し2日以内に食べきること。

次の日に火を通して食べるのが良いかも知れません。

以前テレビなどで紹介されていましたが
タッパーやボウルに豆腐が半分浸る程度の水道水をいれ
ラップで蓋をし、毎日水を換えると長持ちするようです。

豆腐を長期保存するには?

豆腐を開封しても、すぐに食べない場合は
布きんで豆腐を包み、その上に重し(お皿など)を置いて
水気をきります。

その後、温風などでカラカラに乾燥させれば、かなり持ちます。

一部では、電子レンジを使い
焦がさないように繰り返すという方法も。

豆腐の賞味期限まとめ

今回は豆腐の賞味期限についてでした。

最後にまとめると

・ 豆腐の賞味期限は過ぎてから3日から5日前後
・ 見分け方は臭いや味、触感
・ 賞味期限の過ぎた豆腐は65度以上の熱を通す
・ 豆腐の保存方法はすぐ食べるなら半分水に浸す、長期なら乾燥させる

 

正しい知識を持って
食材を無駄にせず、上手にやりくりしたいですね!

タイトルとURLをコピーしました