パスポートケースのおすすめの持ち歩き方2選と必要な理由は?

今すぐ知っておきたいトレンド雑学!
この記事は約3分で読めます。

日本国内にいれば、ほぼ持ち歩く必要の無いパスポートケースですが、海外だと必須アイテムになります。

ただ馴染みのないものだけに、何をどうして良いのか?注意点も使い方もさっぱり!という方も少なくないはず

そこで今回は、パスポートケースのオススメの持ち歩き方2選と、パスポートケースが必要な理由について記載します。

 

パスポートケースのオススメの持ち歩き方2選!

1. 視界に入る所で管理する

ショルダーバッグ等、体の前に身に着けられるようなバッグを使いましょう
海外旅行でよくあるトラブルが、「財布からお財布など貴重品を盗られたりひったくりにあう」ことです。

たとえば、リュックを背負っていると、バッグの開閉口は後ろなので、目が届きません。鉄道やバスを利用している際に、後ろにいた乗客にスられたらしい。なんて話がよくあります。

 

またハンドバッグも、ひったくりやすいので、真っ先に狙われるようです。特にハイブランドのバッグは、よくも悪くも目立ちしますので控えましょう。

ナイロンなどの軽くて汚れに強い、いざ汚れてもひどく落ち込まないような、バッグがお勧めです。

 

パスポートケースはバッグとは別に持ち歩く

これも盗難対策の1つです。

海外でパスポートをなくすと、出国ができない、飛行機に乗れないなど、致命的な状態に陥ります

もちろんホテルのチェックインができない、免税品が購入できないなどもありますし、例をあげればキリがありません。

パスポートを無くした場合、現地の警察署に行き紛失届を記入し、大使館に行って再発行したりという手間があります。

おすすめは、某テーマパークの入場券を入れるようなパスケースを首から下げて、最悪バッグが盗難の被害にあってもパスポートだけはなんとか守れるようにしておきましょう。

 

パスポートケースはなぜ必要なのか?

パスポートケースが必要な理由は「盗難対策」です。

先程も申し上げましたが、海外旅行中に起こるトラブルでよくあるのが、電車やバスの利用中や順番待ちの列に並んでいる最中に、スリの被害にあうことです。

私の場合は、海外旅行に行く際には必ず、クレジットカードに付帯する、海外保険の内容を確認したり、別途で保険に申し込んだりするのですが、「携行品損害」という補償内容については確認します。

そしてこの補償内容はかなりポピュラーですので、それだけ需要もあるので、必ず確認をしておきましょう。

バッグに財布やパスポートなどの貴重品を入れて持ち歩くことになりますが、これら全てが一か所にまとめられていると、盗難にあったときに全てなくなってしまった!なんて事態になりかねません。

そこで、パスポートだけは別途ケースに入れて持ち歩くと良いですよ。

財布や携帯電話は最悪手元になくてもなんとかなりますが、パスポートは違います。

旅行先における唯一の身分証明書を失うことになると、出国できない、飛行機に乗れない、ホテルのチェックインすらできない、ということにもなってしまいます。

パスポートだけでは心もとないという場合は、現金を一緒に予備でいれておくのもよいでしょう。

 

パスポートケースのおすすめの持ち歩き方2選と必要な理由まとめ

今回は、パスポートケースのおすすめの持ち歩き方2選と必要な理由についてでした。

今回記載した内容をしっかりとおさえて、楽しい海外旅行をお楽しみ下さい^^

 

タイトルとURLをコピーしました