香水の付け方は手首?うなじ?箇所ごとポイントを詳しく解説!

人には聞けない気になる話
この記事は約3分で読めます。

お出かけ前のメイクの仕上げに香水をつける方も多いかと思います。
香水を一振りするだけで、一日の気持ちが変わるので、こだわっている方も多いのでは?

今回はそんな、香水の付け方について、手首やうなじはもちろん、各箇所について効果やポイントなどをまとめました!

 

 

香水の付け方!手首以外につけて、ふわっと効果があるのは?

香水の付け方で定番は、手首につけるですよね。

なぜ手首が良いかとえば、脈をうつ強めの血管があるからといわれていて、他の部分よりも体温が高めだから、香りが立ちやすいといわれています。

手首以外につけるなら、首すじのあたりも同様です。

定番で言えば、耳の後ろにもつけるのもそうですが、あまりおすすめできません
鼻に近いため、香りが強く感じてしまうからです。

手首はもちろん首も香りを感じやすい箇所なので、手首につけた香水を首筋に撫でるようにつけるのがおすすめですね。

 

香水の付け方でポイントになるのは?

香水の付け方でポイントになるのは、様々なシーンにあわせること。

デートなど華やかなシーンでは少々強めでもいいかもしれませんが、お食事のときに周囲に不快感を抱かせないように気をつけたいところです。

 

香水はトップノート、ミドルノート、ラストノートと時間が経つにつれて香りが変わっていきます。
この香り立ちをこのシーンにもっていきたい、というものがあれば少し早めに香水をつけるのもいいですね。

香水の性質上、つけた瞬間は香りが強めなので、お出かけ直前よりも早めにつけておくと、ふわっと優しい香りになっていきますので、香水を選ぶときは、その香りの変化にも注目しましょう!

 

香水の付け方はうなじ?場所と効果一覧をまとめ

香水の付け方のポイントと効果についてまとめました。

【うなじ】
うなじは太い血管が通っているので、香りが広がります。直接スプレーするのではなく、一度手首や指などにつけてから、うなじにつけると、ふんわりと香ります。

【手首】
頻繁に動かす手首に香水をつけることで、香りを強く感じることができます。
手首をこすり合わせると香りがおちてしまうので、こすり合わせすぎないようにしましょう。

【胸元】
胸元は体温が高いので香水がよく香ります。しかし汗をかくと、においが混ざってしまうので汗をかかない時期につけるのがポイントになります。

【足首】
汗をかきにくい足首の内側につけると長い時間、ほのかなか香りが続きます。食事やビジネスシーンなどにおすすめです。

【腰】
ほのかに香を楽しみたい時におすすめです。
服を着ていない状態で腰から30cmほど離れた所からスプレーすると良いです。

【太もも】
香は下から上に香るので太ももの内側につけると自分の体温で温まり、長時間ふんわりと香ってきます。
しかし敏感肌の人は肌荒れをおこしてしまう人もいるので、太ももにつける時には注意が必要です。

 

香水の付け方は手首?うなじ?箇所ごとポイントを詳しく解説!まとめ

香水の付け方は手首?うなじ?箇所ごとポイントについてでした。

香水を付けるなら手首やうなじが定番にはなりますが、シチュエーションや意図にあわせて場所の工夫は必要ですね^^

かっこいい大人として香水を使いこなして行きましょう!

タイトルとURLをコピーしました