牛肉どまん中の温め方や賞味期限から通販。米沢牛じゃない問題について。

今すぐ知っておきたいトレンド雑学!
この記事は約4分で読めます。

今回は、牛肉どまん中の温め方や賞味期限、カロリーから、米沢牛じゃないのか問題、通販についてです。

牛肉どまん中といえば、今や全国にファンのいる大ヒット商品!
そこで、ちょっと気になるネタをまとめました。

牛肉どまん中の温め方は?

パッケージングされた外箱を外し、内蓋はそのままに500Wで1分間!

元々冷めても美味しい駅弁として商品化されていたものが温める前提になると、「お前も家で食べる駅弁、もう人気ものになってしまったんだな」と思いますね。

もちろん、駅弁として発売されている商品なので冷めていても美味しく食べられますが、個人的には、牛肉の油のうまみが引き立ってよりおいしくいただけると思います!

 

牛肉どまん中の「どまん中」の意味は?

商品タイトルの牛肉【どまん中】ですが、これは牛のどまん中をさすのではなく、山形県産オリジナル米のどまん中が由来になっています。

どまん中のお米の特徴としては、大粒のご飯、粘り気が少なく冷めても美味しいのが特徴で、名前の由来は【山形県が米どころの中心であり続ける、おいしさのどまんなかを突き抜ける】と言った意味があるそうです。

しかも食味の良さは、20年連続で食味ランク特Aの「はえぬき」を凌ぐほどとまで言われています!

 

牛肉どまん中の賞味期限やカロリーは?

まず牛肉ど真ん中の賞味期限ですが、記載はありません。
消費期限に関しては購入日当日の23時までとありますので、目安として24時間以内という所でしょうか。

カロリーに関しては750~850kcal程度なので、コンビニのからあげ弁当やカレーライスと同じくらいですね。
パスタよりはちょっとあるイメージでしょうか。

びっしり敷き詰められたスライス牛肉に甘辛でしっかり味のついたそぼろ、ご飯も底上げなどなくしっかり詰まっていて、このカロリーなら許せますね^^

 

牛肉どまん中は米沢牛じゃないって本当?2000円のは?

駅弁の牛肉どまん中は米沢牛を使わず、米沢近郊で飼育されている国産和牛だそうです。
なので、米沢牛をお目当てに購入すると拍子抜けしてしまうかも^^;

もちろん米沢牛と言えば、100g2000円前後するものなので、お肉の仕入れ、その他の総菜素材仕入れ、どまん中米の仕入れ、人件費、家賃等を考えてしまうと流石に難しいですよね^^;

ただし2000円で販売されたバージョンでは米沢牛が使われていましたので、どうしてもの場合はそちらを選んで食べてみると良いですね^^

個人的には素材よりも味付けが大事だと思っているので、美味しければある程度はOKですが(笑)

 

牛肉どまん中のお取り寄せや通販はある?ピザやおせんべいなら…

牛肉どまん中弁当のお取り寄せや、通販はありませんでした。
発送が難しいんでしょうか?新杵屋の公式オンラインショップでも販売はしておらず^^;

しかし関連商品はありましたので、そちらをご紹介します。

まずは牛肉どまん中ピザ

 

個人的に絶対に美味しいやつだと思うので、検討中です。

 

それからお煎餅などは
公式オンラインショップで購入できます。

食べられませんが、こんな商品も!

 

かなり繊細に作られているので、本当に美味しそうです。

楽天はポイントなども付くので、近所で買えずお得に買いたい場合はどうぞ!

 

牛肉どまん中の温め方や賞味期限、米沢牛じゃないのか問題、通販についてまとめ

今回は、牛肉どまん中の温め方や賞味期限、米沢牛じゃないのか問題、そして通販についてでした。

まとめますと

・牛肉ど真ん中の温めはレンジで500W1分
・消費期限は当日の23時
・通常の牛丼どまん中に米沢牛は使われていない
・通販はやっていない

という事でした。

ちなみに牛肉どまん中の販売場所に関しては
こちらの記事でまとめていますので
腹ペコさんはこちらをどうぞ!


→ 牛肉どまん中はどこで買える?東京や大宮、大阪は?

 

タイトルとURLをコピーしました