仕事の電話が怖い原因は、この3つだった!対策は?

今すぐ知っておきたいトレンド雑学!
この記事は約2分で読めます。

仕事で電話をすることがあると思いますが、これが嫌な方、苦手な方も多いですよね?

何を話していいかわからないし、対面と違い、相手の表情がわからないため困惑してしまうことも少なくないと思います。

そこで今回は、仕事の電話が怖い!という方に向け、その原因と対策についてまとめました。

 

仕事の電話が怖い理由や原因とは?

会社員ならだれでも通る道として、電話対応があります。話下手なら特に大きな問題となりますよね。

友達となら、緊張をせず話せるのに、どうして会社の電話対応はうまくできず怖いかというと、それには原因があります

電話は対面に比べると、相手の感情がわかりにくく、先方への言葉使いや・声の大きさ・話すスピードがきちんとできているか?

さらに狭いオフィスの場合は先輩や上司がそばにいる状態での電話対応は「この言葉遣いであっているのか」「しっかりと声がでているのか」「話している内容は間違っていないか」などが頭を駆け巡り、緊張をさらにアップさせてしまうのです。

そして緊張をしてしまったら最後、そんな状態での電話対応は、言葉が詰まっていまいうまく話せません。
声が小さかったり、自分自身でも何を言ってるのかわからなくなってしまうこともあります。

一種のパニック状態のような、冷静な判断ができないふわふわした状態に。

つまり、仕事の電話が怖い原因は、周囲の目や自分自身の対話能力、言葉遣いのこの3つが主な原因です。

 

仕事の電話が怖い!その対策は?

仕事の電話が怖い原因は、周囲の目や自身の対話能力、言葉遣いと言いました。
ですので、この3つをクリアできると随分楽になります。

仕事の電話が怖い場合の対策は、周囲の目を気にしない。対話能力を上げるために対面で話すときに相手の本心を捉えられるように意識する、本などを読んで言葉のバリエーションを増やしておく

こんなちょっとしたことにはなりますが、これらを意識するだけで3ヶ月後、6ヶ月後に全く結果が変わってきます^^

ぜひ試してみて下さい!

 

仕事の電話が怖い原因と対策まとめ

今回は仕事の電話が怖い原因と対策についてでした。

電話って、思っている以上に難しく、最初は誰しもが苦労しますが、結局は慣れです。

経験を積むことはもちろんのことですが、まずは自信をもって電話ができることが大事ですので、日々ちょっとした努力を重ねていきましょう。

失敗して怒られても次に活かしていけるようにがんばれば良くなっていきます^^

タイトルとURLをコピーしました