マッサージ後にだるい、眠い。この理由などを5分でわかるように解説!

今すぐ知っておきたいトレンド雑学!
この記事は約3分で読めます。

仕事や家事が立て込んでくると、定期的にマッサージを利用したくなりますよね。

私も疲れが溜まってくるとフラフラっと立ち寄って、うとうとしてしまいます^^;

ただマッサージが終わるとだるいと感じだり、眠いと感じてしまいませんか?そしてこれが良いことなのか?悪いことなのかもわからない

そこで今回は、マッサージ後にだるい理由や眠い理由を調べてみましたので、ぜひ参考にして下さい。

 

 

マッサージ後がだるい。これは何?好転反応?

マッサージを受けた直後や翌日に身体がだるい事がありますよね?

マッサージとは、皮膚や筋肉を解し血液やリンパの流れを改善する手技で、本来であれば、血流が良くなり、筋肉は解れ、身体は軽く楽になるはずですが、なぜ逆にだるくなってしまうのでしょう?

これはマッサージの効果として現れた血流の改善により、滞っていた老廃物や疲労物質が全身を巡ってしまう為と言われています。
その為、これらの老廃物が尿や汗として体外へ排出される事でだるさは改善し、身体は楽になると言います。

このような症状は、身体が良くなる為の経過であり「好転反応」と呼ばれ、2~3日続くと言われています。

しかし、好転反応かどうかは判断が難しく、科学的にも立証されたものはありません

特に筋肉の凝りは姿勢や動き方など硬くなっている原因もあります。

硬くなっていた筋肉というのは、日頃支えとして過剰に使われていた筋肉で、それが解され緩んだことで身体の支えがなくなり、身体が重く感じる方もいますし、マッサージ後の代償として、いつもは使わない筋肉が過剰に働いたり、一度緩んだ筋肉がいつも以上に過剰に働いたりする事で新たな痛みを生じることもあります

それからマッサージにはリラクセーション効果があると言われていて、心地よい眠気は適切な効果と思われています。

重要なのは、だるさや痛みがでない、程よいマッサージを受けることですので、自分にとってあう形を見つけることが重要ですね!

 

マッサージ後に眠いのはどうして?原因を徹底解説!

マッサージ後に眠くなる原因は、筋肉の緊張がほぐれ、リラクセーション効果があるからと言われています

凝り固まった筋肉とは、常に緊張しているような状態で、固くなってしまった筋肉が血管を圧迫してしまうので、血の流れも悪くなり、さらに緊張してしまいます。

ちなみにマッサージの後に、うとうとと眠くなるメカニズムとしては、筋肉が緩み緊張がなくなることで脳がリラックス信号を出しています

筋肉が凝り固まって緊張していると、脳が「緊張している」と判断し、頭の中つまり脳も緊張状態になってしまいますが、マッサージで筋肉がほぐれると、同時に脳の緊張もなくなり、脳がリラックス信号を発信するので眠くなるというわけです。

また、マッサージを受けることで神経伝達物質であるセロトニン、エンドルフィンが増加すると言われています。

・セロトニンは、眠気を導くホルモン
・エンドルフィンは、鎮痛作用があるホルモン

この2つのホルモンが増加し、筋肉の緊張が和らぐ、さらにはヒーリングやリラックス効果、このような要因が折り重なることがマッサージ後に眠くなる原因と考えられています。

 

 

マッサージ後にだるい・眠いの理由は?まとめ

今回は、マッサージ後にだるい・眠い理由についてでした。

詳しくは解明されていない部分も多いですが、現段階では先のように考えられています。

大切なのは、自分にあった負担にならない範囲で利用するという点ですね!

1つの参考になりましたら幸いです。

 

タイトルとURLをコピーしました