財布の色は緑がいい?仕事運が変わると言われているのは何色?その理由は?

人には聞けない気になる話
この記事は約3分で読めます。

仕事運や金運を考えて、財布の色にこだわる方は少なくありませんよね!
そして、漠然と緑が良い!黄色が良い!という話を耳にした方も少なくないと思います。

今回はそんな財布の色について、なぜ緑色が良いと言われているのか?仕事運(金運)が良いと言われている色やその理由などについてまとめました

 

 

金運をアップさせてくれるのに良い財布のカラーは緑?その理由は?

緑色が良い理由は、風水では緑のカラーは「木」の気をもつとされ、木は成長しますので、発展や成功の意味にも通じます。
また緑は再生する、つまり出て言ったお金がまた戻ってくるの意味もあります。

それに風水では緑は着実、堅実の意もあり、少しずつお金を貯めるということにも繋がります。
しかし、緑は一攫千金のように急激にお金が舞い込むことではありません。コツコツと貯まることとされています。

 

財布の色で仕事運が変わる?仕事に特化した色、TOP3と理由は?

仕事運に特化した色の財布TOP3についてです。

第一位 黄色(イエロー)

財布の色で仕事運を変えようと思った際に、まず思い浮かぶのは「黄色」ではないでしょうか?

一般的には「黄色いお財布で金運アップ」と言われていますが、実は「真っ黄色」というのは「お金が入ってくる」というパワーと共に「お金が出て行く」というパワーも持ち合わせていますので、注意が必要です。

ですので「お金を増やしたい、貯めたい」と考える場合は、淡い黄色のレモンイエロー・クリームイエローなどの黄色味が薄い物がおすすめと言われています。

 

第二位 白色(ホワイト)

次に良いと言われているのは「白色」で、その理由は白は運を清浄化する作用と、お金を貯めこむ力があると言われています。

また風水的に「金」を意味する色で、金運UPさせてくれる色なのだそう。

黄色ほど強力なパワーはありませんが、浄化作用のある白いお財布を持つ事で、悪循環を断ち切る事が出来るとも考えられています。

注意点としては、綺麗な状態を保たないと運気が下がってしまうという説も^^;

 

第三位 青色(ブルー)

最後は「青色」です。

水の気を持つ青は水のようにお金を流してしまうという意味があるそうで、真っ青なお財布は金運的にはあまり良くないと考えられています。

しかし、青の中でも淡い青(ベビーブルーなど)は浄化作用があり、「お金が増える」という意味も持ち合わせている為、青を選ぶ際は淡い色の方がお勧めと言われています。

青色は仕事運UPに効果大。仕事運が上がれば金運アップという事に繋がると言われていますので、ご参考までにです^^

 

 

財布の色は緑がいい?仕事運が変わる理由は?まとめ

今回は財布の色は緑がいい?仕事運が変わると言われているのは何色?その理由は?について記載しました。

財布は常に持ち歩くもので、日常生活ではとても大事なグッズだと言えますし、財布に関して書いた内容でベストセラーになった本までありますので、鵜呑みにするとまではいかなくとも、一理あるのかな?とは思いますよね(笑)

ひとつの参考になりましたら幸いです^^

タイトルとURLをコピーしました