ディズニーで迷子!見つからないことはある?詳しい対処方法や対策について!

ディズニーお役立ちネタ
この記事は約4分で読めます。

ディズニーランドもディズニーシーも
行くことを考えるだけでワクワクしますよね!

「チュロス食べたいなー」とか
「このFPをとって次にコレ乗ってー」とか
考えるだけでウキウキします。

 

ただ、子供連れで行く場合
どうしてもあの広さ、あの入場者ですので
迷子だけが不安のタネになります。

そこで今回は
ディズニーでは迷子になった時、どんな風に探してもらえるのか?
過去に見つからなかった事例はあるのか?
前もって備えておきたい迷子対策についてです。

 

 

ディズニーで迷子が見つからないことはあった?迷子経験者の声

ディズニーで迷子が見つからなかったことが過去にあったのか?

これについて事例などを調べてみましたが
私が調べた限りでは
そういった報告はありませんでした

 

そもそもそんな事があれば
この御時世、大ニュースになるでしょうし
ないと考えて良いと思います。

 

ちなみに迷子を経験した方の経験談を見てみると
キャストの方があっという間に見つけてくれた」といった
事例ばかりで頼もしいばかりでした。

 

詳しいキャストさんの対処法や流れは
後ほど説明しますが
ほとんどの子が迷子になっても
15分程度で見つかるとのことです^^

 

ディズニーで子どもが迷子になった時の対処法は?

子どもがディズニーランドで迷子になってしまった時に
即やってほしいのが「キャスト(スタッフ)に相談すること」です。

基本的にディズニー内では
緊急を要する場合を除き
迷子のアナウンスはありません
キャストの方が無線で必死に探してくれます。

 

ディズニーで迷子になったらキャストはどう探してくれる?

ディズニーで子供が迷子になってしまった場合
その多くがった15分から30分程度で見つかるんだそうです。

これは子どもの足では
はぐれた場所からそう遠くには行けないこと。

それからディズニーキャストがお客さんを見れば
迷子かそうでないか、すぐにわかるんだとか!?

すごい特殊能力ですよね^^;

 

こんな理由から
ディズニーのスタッフと一緒に探せば
迷子を解決するのはそう難しくないんだとか。

 

ですので、ディズニーではぐれてしまった場合は
すぐに迷子センターに行くのではなく
近くのスタッフに相談するのが良いかも知れませんね。

 

迷子になってしまった場合どうなるのか?
キャストは迷子の子どもがいたら声を掛け
付近を一緒に15分ほど探してくれます。
それでも見つからない場合は迷子センターへ行き
パーク内の全キャストに迷子の名前と特徴を伝えるようです。

同様に落し物も
キャストに伝えれば
一生懸命探してくれるようですよ!

 

ディズニーで園内放送(アナウンス)をしないのはなぜ?

ディズニーで迷子の園内放送(アナウンス)を
緊急時以外にしないのは
パークの雰囲気を壊さないため」と言われています。

 

緊急時とは、命に関わること等で
この呼び出し(アナウンス)があるのは
年に数回程度という頻度のようですね。

ディズニーに行く時の迷子対策は?みんなはどうしてる?


ディズニーの迷子対策について
みんながどうしているのか調べてみました。

・ キャストの方に相談する
ディズニーの迷子対策は鉄壁です。

 

子供には迷子になった時に
必ずキャストの方に相談するよう伝えておくと良いです。

・ 迷子になった時の待ち合わせ場所を詳しく決めておく。
「ビックサンダーマウンテン前」や
「タワーオブテラー前」と広く決めるのではなく
「ビックサンダーマウンテン前のこの看板ね!」など。


出来るだけ具体的に決めておくことで
確実にわかるようにしておきます。

 

・ はぐれてしまった場所から動かない
迷子で一番困るのが、あちこち動かれること。
ですので前もってさせないように伝えておきます。

ちょっとした事ですが
やるとやらないでは大違いです。
必ずやっておきましょう^^

 

まとめ

今回は、ディズニーの迷子対策についてでした。


あれだけ人も多く、広い場所ですので
迷子になってしまったら焦ると思いますが
ほぼ15分から30分程度で
ほとんどが解決するって本当に凄まじいですよね^^;

 

もちろん子供とはぐれず
迷子に困らないことが一番いいんですが
ここまで頼もしいと
逆に油断しちゃいそうなレベルです。。

タイトルとURLをコピーしました